○。○。○。引越し代の節約☆。○。○。○

お引越しって、お金がすごくかかります。新しいお家に少しでもお金をかけたい!そのために出来ることはまず引越し代を節約すること♪引越しばかりしていた我が家で実践済みの節約方法を公開しています♪

どうする?引越し業者選び

お引越しをするときに、まずは荷物の運搬をしてくれる業者を選ばなくてはいけません。
repikoは過去7回くらい引越しを経験しているのですが、全て格安にてお引越しをしてもらいました。
引越し代を格安にする方法。。。それはズバリ!!「値切り」でございます(笑)
有名な大手業者に通用するかどうかは分からないのですが(repikoがお願いしたのはタウン誌などに広告を出している引越し社です^^)、値切った時と、値切らないときとでは、びっくりするくらいの金額の差が出ます。
おもしろいことに、引越し業者では「これ」といった相場みたいなもの幅が広いようでして、かなり値下げすることができます。
でも、ただ単に「安くしてください」では無理があります^^では、どういう風に値切ると効果的か。。。
それは、「他の引越し社の料金を引き合いに出す!」です。まずは電話で簡単な見積もりを聞きたいと電話をして、営業の方が「○○円くらいです」とおっしゃったら、「あぁ〜、△△社さんは○○円って言ってたなぁ〜」とつぶやくように(笑)言います。「その値段ではうちは無理ですね」と言われてしまう場合もあるかも知れませんが、大抵、値段を下げてくれます。
時々、「電話では荷物の量がわからないので値段をお応えできません。家に行って見積もりをさせてください」と言われますが、「いや、とりあえず電話で色んなところの値段を調べてから決めたいので。。。」などと返しておかないと、家に来てもらってしまうと相手は営業のプロですので、値切る前に決定になってしまう恐れがあります(笑)

この方法で、repikoは現在最後のお引越し、「大阪→福岡」への引越し料金を2トン2台、業者さんの往復の交通費、ガソリン代、エアコン3台取り付け、その他もろもろ込みで13万円ほどにできました♪

値切る時のなんとなく「ここまでいけるな。。。」という目標?みたいなものを立てるrepikoの個人的な目安は、
・作業員の人数×大体の日当
・交通費・ガソリン代
・ガムテープやダンボール費
・トラックの大きさや台数をレンタカーの値段に換算÷2
こんな感じで勝手に大体の料金を作ってみて、業者さんの赤字にはならず、少しプラスになるくらいの値段を勝手に(笑)想定して値切りを開始しています^^

でもでも、すごくすごく格安にしてもらった場合、値切ってもらいっぱなしでは、業者の方に失礼です^^
値切って浮いたぶんのお金を実際に作業をしてくれる作業員の方に感謝の気持ちを込めてお昼ご飯やお茶、お礼をお渡しするようにしています。
消費者としては、業者にたくさんのお金を払うことよりも、実際に作業をしてくださる作業員さんを大切にしたいですよね^^

値切るのが苦手な方。。。一度勇気を振り絞って挑戦してみてください^^
もし、無理だなぁ。。。と思ったら、比較.com の引越し一括見積もりという、一括見積もりサービスもあるみたいなので、利用してみるのも良いかと思います♪

返してもらおう!保険金♪

賃貸住宅を借りるとき、入居時に「住宅保険」に加入すると思うのですが、大体2年契約で1万円とか2万円くらいを支払います。このお金、2年以内にその賃貸住宅を退室する場合は、一部返金してもらえます。
repikoは最後の引越しで知ることができたのですが、それまでは1年ほどで引越しすることが多かったものの、返金されるということを知らずに随分損をしてしまいました^^
最後に住んでいた不動産屋さんは親切で、お教えくださったのですが、それまでもお家は一軒もお教えいただけませんでした(笑)
保険の解約手続きをきちんとして、返金してもらいましょう♪

補助金

偏ってしまいますが、大阪市には「新婚補助」という制度がありまして、新婚で大阪市内に住民票をおく場合、家賃補助などを受けることができます。色々と受給資格のとりきめがあるので、詳しくは【大阪市新婚補助制度】をご覧ください♪

大阪市の上記の例に限らず、こういった補助金制度の利用や、特定優良賃貸住宅(国から家賃補助が受けられる賃貸住宅)へ入居することで、家賃を安くできる場合がありますので、お住まいの県や市の情報にアンテナをピィーン!と張ってみると新たなお得発見につながるかもしれません♪



過去のごはん