○。○。○。超簡単!ティッシュケース!。○。○。○

なすっちの穴が開いて着ることが出来なくなったワイシャツを使って、超簡単なティッシュケースを作ります♪
我が家の定番ティッシュケース、定規もいらなければ、ずぼらなrepikoはほつれ止めもしません(笑)もしよかったら作ってみてくださいね♪
手作りティッシュケース


準備するもの
☆布(我が家はなすっちのワイシャツです)
☆チャコペン(我が家はボールペンで代用)
☆ミシン(ありました。手縫いでも大丈夫そうですが大変かな?)
☆糸(白い糸、ありました)
☆はさみ(ありました)
☆マジックテープ(100円均一で買いました。テープで止めるようなのが縫わなくて良いので楽です♪)

しるしつけ♪
節約パンツ
広げた布の上に、ティッシュケースを置きます。まずは真ん中において、テッシュケースの一番広い面(上と底の広さ)のしるしを付けます。あとはコロコロティッシュケースの面を移動させながら、図のように、広い面を真ん中から3個しるしを付け、、側面の広さを1個ずつで合計9個のしるしを付けます。真ん中から両上下(図の上下)のところに、側面の長さの分までの印をつけておきます。縫い合わせるときの目印になります。
印をつけたら、縫いしろを図の様に残して、切り取ります。縫いしろは、ほつれ止めをきちっとする場合は多めに取ります。repikoはほつれ止め、しないので1.5cmくらいで切り取りました。
切り取ったら、図の矢印のところに切り込みを入れておきます(2mmくらい切らずにおいておくと、仕上がりがきれいです)

手作りティッシュケース

四つ角を縫い合わせます。
節約パンツ
四つ角に切り目を入れたら、印の線が重なるようにして、短い横の面は一つ目の印の線まで、長い横の面は「×印」をつけたところまで縫い合わせます。これを四つ角全て縫い合わせます。
節約パンツ

側面を縫います
節約パンツ 節約パンツ
四つ角が縫い終わったら、4つの側面の上をきれいに仕上げます。ここはほつれが見えないように、2重に折って縫い合わせます。短いほうの側面は適当で大丈夫です(*^^*)長い方の側面は、あとでマジックテープで止めるので、少し幅を取って、なおかつ、2枚の長さが一致するように、一つ目の印の線を目安に縫い付けると失敗がありません。四つ角を縫い合わせた時の縫いしろも一緒に中に折り曲げ入れて、縫い付けておきます。

マジックテープつけます
節約パンツ
あとは、長い方の側面の縫いあわせたところの、左右端っこにマジックテープを付けて出来上がり!(repikoはめんどくさがりなので、100円均一で売っていた、両面テープで貼り付ける形式のマジックテープを買ってきました。ティッシュを詰め替えるときに、ちょっと気を使いますが、縫う手間がなかったのでオススメかもです。でも、これだとお洗濯できないので、今度きちんと上から縫い付けて起きます(*^.^*)エヘッ。縫い付けるときは、四角に囲って、中をバッテンに縫い付けるとかわいいですよ♪糸の色をかえたりなんかして(o^-^o) ウフッ)



過去のごはん