こちらのかぼちゃさんでつくりました♪
とおくに農場
このレシピは【とおくに農場】さんのかぼちゃを使って作っています。 こちらのお野菜は、repiko、かなりオススメします! このかぼちゃさんはペーストにするとき、とってもやわらかいので手間がかかりませんでした。お味も最高においしいです!

まるごとかぼちゃグラタン[調理時間:約40分]
まるごとかぼちゃグラタン
使用材料
かぼちゃ・・・中1個
エリンギ・・・30〜40g
にんじん・・・1/8本
〜〜〜〜〜グラタンソース〜〜〜〜〜
くりぬいたかぼちゃのペースト・・・60g
バター・・・10g
小麦粉・・・小さじ2
牛乳・・・200cc
固形ブイヨン・・・1/2個
〜〜〜〜〜その他〜〜〜〜〜
パルメザンチーズ又は、とろけるチーズ・・・適量
乾燥パセリ・・・適量
※お野菜はなんでもいいです。

かぼちゃをまるごとラップに包み、電子レンジで5分ほど加熱し、スプーンでくりぬき易い硬さにします。あまりやわらかくしすぎると、皮がしんなりしてしまうかもしれないので、少し固めでお願いします。

くりぬきます レンジで加熱したら、スプーンで、実の部分をくりぬきます。

こします くりぬいた実は、再度ラップに包み、1〜2分レンジで加熱し、やわらかくしておきます。やわらかくなったら、ざるなどで、ペースト状にします。あんまり神経質にしなくても大丈夫です。ソースを作るときに、かぼちゃのつぶつぶがあったほうが、かぼちゃのグラタンらしくて(笑)repikoは好きです♪


お野菜切ります 次に、具を作ります。repikoはあったお野菜を使っているのですが、作られるときは、お好きなお野菜をいれてみてください^^
repikoが入れたのは、エリンギ、にんじん、冷凍しておいたブロッコリーの芯です。小さめに切ります。

炒めます 切った具のお野菜を、塩コショウで炒めます。炒めたら、おいておきます。


ソース 次はかぼちゃのソースを作ります。ホワイトソースを作る容量で、まず、お鍋に分量のバターを溶かします。バターが溶けたら、小麦粉を入れ、焦げないように炒めます。小麦粉のダマがなくなるようにバターとよくなじませながら炒めます。


ソース 小麦粉とバターがなじんだら、温めておいた牛乳を流し入れて、はじめにつくった、かぼちゃのペーストを入れて、固形ブイヨンを入れて、トロミが付くまで、よくかき混ぜ煮ます。


こんなのができました こんな感じのソースが出来上がります(*^^*)


入れます 次に炒めておいたお野菜を、くりぬいたかぼちゃの器に入れます。


焼きます その上から作ったソースをかけて、その上にパルメザンチーズなどを乗せて、オーブンで10分焼きます。


焼きあがったら、乾燥パセリなどで彩りを添えて出来上がり!


ここでちょっと一言

★もし、味が薄かったりしたら、塩コショウを加えてみてください。ブイヨンの量を調節してもOKです♪
★食べ終わったかぼちゃの器は、もったいないので他のお料理につかいましょう\(^▽^)/



過去のごはん