○。○。○。水道代を節約しよう!。○。○。○


水道代の節約方法を紹介しています。

*おなまえ *ホームページアドレス
*メールアドレス *メールアドレス (再度入力)


*水道代節約技

控えを送る(送信元へ写しを送信)

あなたの水道代節約技をrepikoにお教えいただけたら嬉しいです。お教えくださった内容につきましてはこのページにてご紹介させていただきます。お名前と、URL入力がある場合はリンクの貼り付けをしてご紹介させていただきます。セツレピの今後の発展の為、是非ご協力いただけたら嬉しいです(*^▽^*)宜しくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ(repikoより)

半身浴で水道代節約!・・・情報提供者【メロンぱんさんnew

夏はお風呂のお湯を半分くらいにして使っています。暑いので、半身浴気分で入っています。これでお風呂をたく時ガス代も節約になっています^^
また、半身浴は体の老廃物を排出できるので、お肌にもよさそうです♪


食器洗い機の排水はフル活用!・・・情報提供者【はるはるさん】

食器洗い機をお使いでいらっしゃる、はるはるさんからお送りいただきました♪

最近食器洗い機からの排水をフルに活用しています。まず洗剤が混じった洗いの時の排水は温度も高く、油汚れなどを落とすには最適です。あと2〜3回ほどのすすぎのときの排水は使用後の食器の予洗いや、泡をとりあえず落としたり、トイレの洗浄にも使います。(常に我が家のトイレには2リットルのペットボトルが置いてあります。それに排水を入れて用を足したあとその水で流します)あと最後のすすぎの水は温度が高いしきれいなので、布巾の殺菌や、魚のグリル・汚れの激しい鍋などをあらうのに使います。シンクに5本くらい2リットルのペットボトルを置いておき、排水を溜めています。ちと見た目は悪いですが、節約のためなら・・・


雑巾を大きくして水道代節約!
我が家ではペットが多くいるので毎日何回も雑巾を使って拭き掃除をします。電気代節約のためなのですが、雑巾を何度も何度もお水を使って洗っていては、せっかっく電気代を節約したのに、意味がなくなってしまいます(笑)
なので我が家では使い古したタオルを大きいまま雑巾にしています。たくさん折って、汚れたらきれいな面を表にだして、また汚れたら・・・を繰り返して、一度も雑巾を洗わずに掃除を仕上げます。たくさんキレイな面があるので、洗う回数がぐんとへって、水道代の節約につながります♪

食器洗いのとき・・・情報提供者【OL主婦さん
食器洗いの時の水道代節約技なのですが、まず流しにカゴをかけます。洗剤で洗って泡がついた食器をそのカゴにどんどん置いていきます。まず、その段階で泡が少し落ちます。次に流すとき、そのカゴを蛇口の真下に移動させ、そこでドンドン流していきます。そうすると、最後の方の食器は殆ど泡がついてないので簡単に流せてしまうんです。これですすぎの時間が短縮されて、水道代も節約!

洗車するとき・・・情報提供者【momoさん
びしゃびしゃに濡らした雑巾でルーフからボンネット、サイド、トランクと順に拭いていく。こまめに雑巾を濯ぐとボディーにキズが着きにくいです。最後は固く絞った雑巾で吹き上げてください。もし洗車用のセーム皮があればなお良いですが、雑巾でも大丈夫です。マンションの駐車場でも簡単に出来るし、お出掛け前にちょちょっと出来ます。momoの車を修理してくれるお店の方から教えて貰いました。(repikoコメント:momoさんは車にとっても詳しくてご自身の車をとっても大切にされています^^)

はみがきの時・・・情報提供者【なるやんさん】
はみがきをする時、ついつい蛇口をひねってお水をだしてブラシを濡らしてしまいますが、我が家では水道の蛇口に残っているお水をつかいます。蛇口をトントンとたたくとお水が少量出てくるので、これでブラシを濡らします。ジャーってだすともったいないです。

洗濯後の水・・・情報提供者【なるやんさん】
洗濯をするとき、ホースから排水として流れてしまう洗剤入りの水をバケツに汲み取り、このお水で雑巾や、くつなどを洗います。洗剤が入っているので洗剤代も節約、お水も節約。ちなみにすすぎの水も再利用します。

お米のとぎ汁・・・情報提供者【なるやんさん】
お米のとぎ汁は、植木にあげて再利用。お米の成分が植木を元気にしてくれます!植木も元気お水も再利用で節約。

水道の元栓
我が家では、水道の元栓(洗面台の下の棚の中にあります)を締めて、お水の出る量を減らしています。これは夫対策で、お水をためずに顔を洗ったりするので、無駄にお水を使わないようにしています。洗面所の水圧が多少下がっても、何の問題もありません。

お風呂のお湯の再利用
浴槽にためたお湯を捨てず、お洗濯、お掃除などに活用しましょう。それだけで100リットルの節約になります。

歯磨き
歯磨きをするときは水を流しっぱなしにせず、コップに水を入れてゆすぎましょう。お水を30秒間出しっぱなしにしたときと比べると、使うお水の量は1/10で済みます。

洗顔
歯磨きと同じで、水を流しっぱなしにせず、桶などにためてすすぎましょう。1分間水を出しっぱなしにする時より、桶にためるとその1/12の量で済みます。

水道の蛇口
普段から、水道の蛇口は半開を心がけましょう。蛇口からたくさんお水が出ていても、それより少ないお水の量でも、結局使う水の量は同じです。

油汚れ
油汚れのひどい食器やフライパンなどを洗うと、汚れが落ちにくい分、余計に水を使います。また環境にも悪いので、汚れを新聞紙などでふき取ってから洗いましょう。

洗剤は少量で
あまりたくさんの洗剤を使うと、余計に水をつかってしまいます。汚れを落とす為の洗剤ですが、今度は洗剤を洗い流すのに時間と水道代がかかってしまいますので、洗剤は薄めるなどして使用しましょう。環境にも優しいです。

シャワーの時間を短縮する
体を洗うときに、シャワーを出しっぱなしにしていませんか?シャワーの時間を1分短くするだけで水道代だけで1.6円節約できます。これにガス代を入れると5円の節約。家族4人として、一人1分短くするだけでガス代水道代あわせて年間7300円の節約。

二人暮し
2人の時はためるよりもシャワー。2人暮らしの場合、お風呂はためるよりもシャワーで済ましたほうがお得です。もちろん、シャワーを出しっぱなしにしないのが前提ですが・・・。夏場はシャワーがオススメです。

お洗濯はためてしよう!
少量の洗濯物を毎日洗濯していませんか?二人暮しなどで洗濯物が少ない場合は、お風呂に入ったついでなどに手で洗いましょう。洗剤の落ち具合も確認できるので余計な水を使いません。全自動の洗濯機は最低限の水の量が決まってますので、洗濯物はたまってからしましょう。毎日洗わないといけないものは手洗いで。

トイレの大小使い分け
トイレの水を、ついつい「大」で流してしまいがちですが、「小」のときは「小」で流すように心がけましょう。十分流れます。repikoは昼間「小」をしたときはお水を流しません。3回に一度流しています。さすがに旦那様がいるときはできませんが、出来る限り溜め流ししましょう。一日の水道の使用量の2位のトイレのお水。かなりの節約になるでしょう。

トイレのタンクにペットボトル
我が家ではタンクの構造上できませんが、トイレのタンクにお水や砂を入れたペットボトルを入れておくと、余計なお水を流さなくて済みます。ペットボトルの分水かさが増えるので、余計な量の水がたまらないのでオススメです。ただ、不向きなタンク(故障したり、お水が流れっぱなしになる)がありますので、気をつけましょう!




過去のごはん