○。○。○。100均で作ろうお洋服!。○。○。○

100円均一のバスタオルを利用して、こんなものを作ってみました♪夏はタオル地のお洋服、気持ち良いですよね^^。
ずっとタオル地のお洋服が欲しかったのですが、ちょっとお値段的に手が出せなかったのですが、ふと100円均一に行ったら丁度よい生地となりそうなバスタオルがあったので、早速作って見ることにしました♪
子供さんがいる家庭などでは特に活躍しそうなので、是非作ってみてくださいね♪子供さんのお洋服を作る場合は、普通のフェイスタオルくらいの大きさで大丈夫だと思うので、パンツだけなら100円とゴム代で出来ちゃいますよ(^▽^)/
節約パンツ

準備するもの
節約パンツ
☆100円均一で売っている大判のバスタオル(70cm×130cm)(ダイソーにて200円で購入しました。)
☆100円均一で売っているパンツのゴム。(100円でした)
☆ミシン(ありました。手縫いでも大丈夫そうですが大変かな?)
☆糸(白い糸、ありました)
☆はさみ(ありました)
☆ペン(普通のボールペン代用しました)
☆ゴム通し(ヘアピン代用しました)

半分に切っちゃおう!
節約パンツ
まずはタオルを縦半分、横半分に折り曲げます。折り曲げた縦の方を適当に?切ります♪

股下にしるしをつけよう!
節約パンツ
切ったタオルを裏返しに半分に折り、端っこを合わせます。
合わせたら股下をはかり、しるしをつけておきます。repikoは股下25cmにしました。股上の都合もありますので、多分25cmくらいが丁度良いと思います。(repikoの身長158cmでひざ下くらいになります。)

股下を縫おう!
節約パンツ
次にしるしをつけたところまで、ミシンでダダダーっと縫って行きます。
この時、ズボンの裾はタオルの端っこ(切っていないほう)にします。こうすると端っこを始末する手間が省けて、楽チンに作ることができます♪あと裏返しで縫い合わせることをお忘れなく!です^^

こんな感じです
節約パンツ
切り分けて、縫ったものです。なんとなくパンツっぽくなってきたかな?

次は股を縫い合わせます♪
節約パンツ
ちょっと分かりにくいと思ったので、お写真大きくしてみました☆
股下を縫ったタオル二本を両方とも表に返して、ズボンの形を作ってみるとわかりやすいと思うのですが、表に返したままで、股の縫うところをまち針で止めて行きます。
※この時、本当の股の所?え〜っと、股下と、股の縫い目が交わる所・・・説明がへたくそですみません。え〜っと、そこを深く縫うようにまち針を止めておくことをオススメします。ちょっと失敗して、股に穴が開いて仕上がってしまうかもしれないので、あらかじめ股は深めに縫っておくと失敗が少ないです^^

こんな感じです♪
節約パンツ
赤丸をしているところを深く縫うことで、股に穴があく失敗を防ぐことができます。
あと、先ほど縫い合わせた股下の縫い目が邪魔になってどうしたらいいのかしら?と思われるかも知れないのですが、そこは部屋着です(笑)適当に左右に折り、倒して一緒に縫ってしまいます(^^;)ごめんなさいm(_ _)m

こんな感じです
節約パンツ
股上を縫い合わせると一層、パンツらしくなってきました♪だけどちょっとデカパンですね。次はゴムを通すところを作ります。

2回折り曲げます
節約パンツ 節約パンツ 節約パンツ
一番最初に切ったところが、ウエストに来ますので、ここにゴムを通す為の穴を作ります。ここはちょっとめんどくさいですが、切り口なのでほつれ止めの為、2回折り曲げておきます。失敗を防ぐ為に、1.5cm折り曲げて、さらに1.5cmほど折り曲げます。最初の折り曲げが浅いと、縫うときにほつれめがしっかり止まらずにお洗濯したらボロボロに・・・なんてことになりかねないので(笑)。折り曲げたらまち針で固定しておくとミシンをかけるときに楽チンです。パンツを裏返しにして、そのまま二回折り曲げます。
※表に向いて折り曲げないようにご注意ですぞ^^

縫います♪
節約パンツ
ゴムを通すところを縫い合わせます。なるべく折り目の近くを縫うようにすると、お洗濯したときのほつれが防げます。赤のテンテンでしるしをつけてみました♪
あと、ゴムを通す時のための穴を開ける為に、1cmほど縫わずにおいておきます。この穴はふさがないほうが後々便利なので(もしもゴムが切れた時など、また新しいゴムを入れ変えられるので)そのままにしておきます。縫い始めと縫い終わりの糸がほつれないようにだけ、返し縫を何度かしておくと良いと思います。

こんな感じです
節約パンツ
裏から見たらこんな感じです。とっても簡単にパンツの形になりました♪あとはゴムを通すだけで出来上がり!です(^▽^)/

ゴム通し
節約パンツ
ちょっとだけあけておいた穴から、パンツのゴムを通します。repikoは専用の道具がなかったのでヘアピンを代用しました。ヘアピンで作業をする場合は、ゴムが途中で抜けないように、長めにピンに引っ掛けて置くことをオススメします(repikoはあともうちょっと!というところで抜けちゃったのでやり直しました(^^;))。
※ヘアピンでする時は、穴の中のほつれたタオルの糸が引っかかって、上手く通せない可能性大です。できれば専用の道具を使うことをオススメします(*^.^*)エヘッ。

こんな感じです
節約パンツ
ゴムが最後まで通ったら、自分のウエストに合わせてゴムを絞り、適当な場所で、結び目が取れないように結んでおきます。パンツをちょっと引っ張ると、結び目が中に入ってくれるので、穴はそのままで大丈夫です♪はいっ、お疲れ様でしたm(_ _)mこれで完成です!!



過去のごはん